HORIKI ERIKO

NEWS

ニュースリリース

雪月花+SALON

雪月花+SALON

京都のオーセンティックバー「雪月花+SALON」のBAR空間<花>の改装につき、新たな和紙光壁を設置させていただきました。
時間帯によって、刻々と照明効果が変化し、和紙の表情や空気感が移ろいます。
古来から受け継がれる「透かし」の手法によって、自然観のある色調に染めた繊維が流し込まれ、樹木のような柄が浮かび上がります。

ウェブサイト:http://www.kyoto-setsugekka.com/floor/hana.html

ニュースリリース

長谷寺(鎌倉) 観音堂

長谷寺(鎌倉) 観音堂

「十一面観世音菩薩」造立1300年記念の空間改装において、1.5m×9.5m(壁面2箇所)と5.0m×7.5m(天井1箇所)に、ダイナミックに漉き上げた作品を設置させていただきました。作品タイトルは「天耳天心(てんにてんしん)」。天心(空の真ん中)において、天耳(世界全ての声や音を聞き取り、聞き分けることができる力)の慈悲に触れ、希望の光や知恵の波動が拡がる様子を表現しています。十一面観世音菩薩を挟む壁面には、苦しみの声を聴き、救いを与える波動、天面にはその波動や希望の光が拡がり、交差して空間に充ち満ちる様子をデザインしました。

ニュースリリース

テタンジェ コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン2008 (リミテッドエディション)

テタンジェ コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン2008 (リミテッドエディション)

日本限定のギフトボックスを2008セット限定販売。
伝統的な「白透かし」と「黒透かし」の技術を用いてロゴマークを漉き上げ、熨斗の形状でパッケージデザインを行いました。
和紙は4層で構成されており、ボトルの緑色を基調として、浄化作用があると言われる白い和紙を漉き重ねています。

MEDIA

WEBメディア「ONESTORY」記事掲載「食べるシャンパン」Restaurant MOTOÏ × 堀木エリ子

WEBメディア「ONESTORY」記事掲載「食べるシャンパン」Restaurant MOTOÏ × 堀木エリ子

和紙によるパッケージデザインを担当した「テタンジェ」のトップキュベ「コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン 2008」。
トップシェフ達の料理とのペアリングを堀木エリ子が体験し、シェフと語り合う「食べるシャンパン」の対談特集。
最終回は、京都の「Restaurant MOTOÏ」で前田元シェフの料理とのペアリングを体験しました。

「ONESTORY」ウェブサイト:https://www.onestory-media.jp/post/?id=3891

MEDIA

WEBメディア「ONESTORY」記事掲載 「食べるシャンパン」焼鳥 市松 × 堀木エリ子

WEBメディア「ONESTORY」記事掲載 「食べるシャンパン」焼鳥 市松 × 堀木エリ子

和紙によるパッケージデザインを担当した「テタンジェ」のトップキュベ「コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン 2008」。
トップシェフ達の料理とのペアリングを堀木エリ子が体験し、シェフと語り合う「食べるシャンパン」の対談特集。
第2回目は、大阪の焼き鳥店「焼鳥 市松」で竹田英人氏の料理とのペアリングを体験しました。
「ONESTORY」ウェブサイト:https://www.onestory-media.jp/post/?id=3890
「テタンジェ」公式ウェブサイト:https://www.sapporobeer.jp/wine/taittinger/meets/no15.html

MEDIA

WEBメディア「ONESTORY」記事掲載 「食べるシャンパン」ラ・メール × 堀木 エリ子

WEBメディア「ONESTORY」記事掲載 「食べるシャンパン」ラ・メール × 堀木 エリ子

和紙によるパッケージデザインを担当した「テタンジェ」のトップキュベ「コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン 2008」。
トップシェフ達の料理とのペアリングを堀木エリ子が体験し、シェフと語り合う「食べるシャンパン」の対談特集です。
第1回目は、『志摩観光ホテル』内にある「ラ・メール」で、樋口宏江シェフの料理とのペアリングを体験。
弊社は、2016年に開催された「伊勢志摩サミット」2階ホールの空間デザインを監修し、和紙光壁を設置させていただきました。
「ONESTORY」ウェブサイト:https://www.onestory-media.jp/post/?id=3826
「テタンジェ」公式ウェブサイト:https://www.sapporobeer.jp/wine/taittinger/meets/no14.html

ニュースリリース

アキュラホーム神戸展示場

アキュラホーム神戸展示場

アキュラホーム40周年記念事業として、モデルハウスの設計及び和紙作品の設置をしました。
「変容する家~移ろう空間」をコンセプトとし、多種多様な家族構成や生活スタイルに対応できるよう、“和紙”と“建具”を取り入れた住宅です。家族の暮らしの変化に対応し、未来へつなぐ家づくりを通じて、和紙による情緒溢れる温もりと豊かな暮らし方を提案しています。

兵庫県神戸市東灘区本庄町3-2-14(ABCハウジングコレクション神戸東内)
営業時間/10:00〜18:00(休業日:水曜日)
ウェブサイト:http://www.aqura.co.jp/exhibition/hyogo/kobe/