HORIKI ERIKO

NEWS

MEDIA

対談「大人の寺子屋 次世代継承塾(第24回)」

対談「大人の寺子屋 次世代継承塾(第24回)」

元NHKエグゼクティブアナウンサー・村上信夫氏が主宰。
村上氏と各分野で活躍するゲストが次世代に伝えたいことを対談します。
テーマ「伝統を未来へ 革新を伝統へ」で、堀木が登壇させていただきます。
■日時
リアル開催:2024年3月1日(金)18:30~
アーカイブ聴講公開(予定):2024年3月8日(木)~
■会場
麟祥院 本堂(東京都文京区) TEL03-3811-7648
■お申込み
https://otonatera.hp.peraichi.com/
(リアル聴講 5,000円 / アーカイブ聴講 3,000円)
■大人の寺子屋 第24回予告
https://www.youtube.com/watch?v=dMpHQdi-Okg

 

ニュースリリース

「呼子くんち」佐賀県呼子町

「呼子くんち」佐賀県呼子町

昨年、立体和紙による親子鯨の曳山制作依頼を受け、お祭りを復興するためにクラウドファンディングで皆様に多大なご協力をいただいた「呼子くんち」。お陰様で10月15日に、無事、第二回の曳山巡行を行うことができました。
日中の陸引きでは子供達の掛け声が秋空に響き、夜の海曳きでは海面に影を移しながら幻想的な景色を作りだして巡行しました。

ニュースリリース

エクセレント賞

エクセレント賞

全国商工会議所女性会連合会「女性起業家大賞エクセレント賞」をいただきました。
「2003年の女性起業家大賞を受賞後、20年間事業を継続、成長させ、現在においても活躍している女性に贈られる賞」とのこと。
いつも応援をいただいております皆様に、改めて感謝申し上げます。

全国商工会議所女性会連合会ウェブサイト
https://joseikai.jcci.or.jp/kigyoka/2022/excellent.html

ニュースリリース

呼子くんち開催のご報告

呼子くんち開催のご報告

10月16日に「呼子くんち(くんち=お祭り)」を無事に開催することができ、多くの方にお越しいただきました。

クラウドファンディングを通じて皆様にご支援をいただき、改めて感謝申し上げます。
和紙の鯨曳山は、午前中は陸曳き、夕方は海に繰り出し、記憶に残る、町の新しい風景となりました。
復興した「呼子くんち」が、未来の文化や歴史と深く結びついていくよう、お祈りしています。

呼子くんち公式ウェブサイト https://www.yobuko-kunchi.com/kunchi1

▼毎日新聞WEBサイト記事掲載
https://mainichi.jp/articles/20221016/k00/00m/040/136000c
▼産経新聞WEBサイト記事掲載
https://www.sankei.com/article/20221016-YQVPQYVJE5LKHFFU4XFU5AREUM/

ニュースリリース

呼子くんち開催のご報告

呼子くんち開催のご報告

10月16日に「呼子くんち(くんち=お祭り)」を無事に開催することができ、多くの方にお越しいただきました。

クラウドファンディングを通じて皆様にご支援をいただき、改めて感謝申し上げます。
和紙の鯨曳山は、午前中は陸曳き、夕方は海に繰り出し、記憶に残る、町の新しい風景となりました。
復興した「呼子くんち」が、未来の文化や歴史と深く結びついていくよう、お祈りしています。

呼子くんち公式ウェブサイト https://www.yobuko-kunchi.com/kunchi1

▼毎日新聞WEBサイト記事掲載
https://mainichi.jp/articles/20221016/k00/00m/040/136000c
▼産経新聞WEBサイト記事掲載
https://www.sankei.com/article/20221016-YQVPQYVJE5LKHFFU4XFU5AREUM/

ニュースリリース

ニュイ・ブランシュKYOTO

ニュイ・ブランシュKYOTO

アンスティチュ・フランセ関西主催のイベントのご案内です。
テーマ=社会はどのように美術工芸を保存し支援することができるのか – 日仏の視点から」
登壇者=エルヴェ・ルモワンヌ × 新谷由貴代 × 堀木エリ子
ファシリテーション=山崎伸吾

日時:10月25日(火)18:30〜20:00(18:00開場、20:00〜21:00交流会)
場所:アンスティチュ・フランセ関西(京都市左京区)
入場無料、要予約 https://forms.gle/nUxNzHSGCRSq4gk48
ウェブサイト https://www.institutfrancais.jp/kansai/agenda/nbk2022ev01/

ニュースリリース

「瀬戸内国際芸術祭2022 おいでまい祝祭」ヤノベケンジ×堀木エリ子

「瀬戸内国際芸術祭2022 おいでまい祝祭」ヤノベケンジ×堀木エリ子

ヤノベケンジ氏と堀木エリ子が共同制作した和紙作品<SHIP’S CAT>が、金刀比羅神社総本宮「金刀比羅宮」表書院、円山応挙による襖絵の空間に展示されます。

瀬戸内国際芸術祭2022 県内周遊事業
「おいでまい祝祭2022〜心がつながる街ごとアート〜」
●開催期間:2022年9月29日(木)〜11月 6 日(日)
●公式WEBサイト:https://shukusai.com
●展示場所:金刀比羅宮 表書院 虎の間

MEDIA

NHK WORLD-JAPAN  ‘Core Kyoto’

NHK WORLD-JAPAN ‘Core Kyoto’

NHKワールドの番組「Core Kyoto」に出演いたします。
“New Directions for Washi: Sustainable, Elegant Use of Paper”
(英語での放送となります。)
■放送日時(日本時間)
・9月1日(木)9:30-10:00
■再放送日時(日本時間)
・9月1日(木)14:30-15:00/19:30-20:00
・9月2日(金)0:30-1:00/6:30-7:00

NHK WORLD-JAPAN ウェブサイト:
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/corekyoto/20220901/2029182/

ニュースリリース

呼子くんちクラウドファンディングご支援の御礼

呼子くんちクラウドファンディングご支援の御礼

佐賀県呼子町の「呼子くんちを復興し、和紙の鯨曳山で地域に誇りと活力をとりもどす」クラウドファンディングにつきまして、多くのご支援をいただき、ありがとうございました。
目標金額700万円に対して、1321万5千円のご支援をいただき、呼子くんち実行委員会では10月16日の開催に向けて準備を行っています。

たくさんのご支援や励ましを頂戴して、今後の活動においての勇気と、心が震えるような感動をいただきました。
心より御礼を申し上げます。

ニュースリリース

呼子くんちクラウドファンディングご支援のお願い

呼子くんちクラウドファンディングご支援のお願い

佐賀県唐津市呼子町で「呼子くんち」(九州地方では秋祭りを「おくんち」と呼ぶ)を開催するプロジェクトで、親子鯨の巨大な山車を、立体和紙で制作させていただきました。

地域の人々が共有できる価値を持つ「祭り」という文化のかたちが、呼子町の活性化や、世代を超えた交流に繋がり、地域の誇りとなり、観光祭事として未来の文化や歴史と深く結びついていくように、クラウドファンディングに挑戦されています。
ご支援、ご協力をいただければ幸いに存じます。

▼詳細・ご支援方法は下記からご覧いただけます。
https://readyfor.jp/projects/yobuko-kunchi
目標金額:700万円
支援募集期間:5月20日(金)10時〜6月30日(木)23時

ニュースリリース

シジエム サンス パル カルティエ(京都)

シジエム サンス パル カルティエ(京都)

カルティエ(Cartier)が、京都市京セラ美術館で開催している「シジエム サンス パル カルティエ」ハイジュエリーイベントの会場内に和紙作品を設置させていただきました。イベントタイトルの「シジエム サンス(第六感)」をテーマとして回廊に光壁を設置しました。
日本の古典文様「立涌」柄をモチーフとして、砂紋や風、水の揺らぎなどが感じられるデザインとしました。

MEDIA

イベント出演「GO ON CRAFTS NIGHT vol.12」

イベント出演「GO ON CRAFTS NIGHT vol.12」

パークハイアット京都で開催される「CRAFTS NIGHT vol.12」に出演します。
テーマは「工芸の未来のカタチ」。
会場参加、オンライン視聴とも事前予約(無料)。
会場でのご参加、オンライン視聴ともにPeatixからの事前お申し込み制となります。
 
開催日時:3月22日(火)18:00~
会場ディナー付きお申し込み(先着限定20名/有料):https://craftsnight12dinner.peatix.com
会場お申し込み(先着限定30名/無料):https://craftsnight12.peatix.com
オンラインライブ視聴お申し込み(無料):https://craftsnight12online.peatix.com

また、パークハイアット京都インスタグラム@parkhyattkyotoからもライブ配信をご覧いただけます。

MEDIA

韓国フードドキュメンタリーマガジン「Magazine F」記事掲載

韓国フードドキュメンタリーマガジン「Magazine F」記事掲載

韓国フードドキュメンタリーマガジン「Magazine F」に取材をいただきました。
サントリーウィスキー「響」のラベル開発(和紙素材)や、堀木と和紙との出会い、和紙作家、デザイナーとしての仕事について、記事が掲載されています。(韓国語/英語での掲載)

「Magazine F」ウェブサイト:https://magazine-b.co.kr/product-tag/매거진f/

ニュースリリース

江田島荘(広島)

江田島荘(広島)

温泉宿泊施設「江田島荘」のエントランス/ロビー、レストラン、ラウンジ等に作品を設置させていただきました。
堀木が広島県江田島市の美しい自然に触れて着想した和紙アートワークです。
各エリアで、「海」のゆりかご、「陸」の息吹、「宙(そら)」の兆し、「風」の彩りをテーマに制作しました。

ウェブサイト:http://etajimasou.jp/

ニュースリリース

雪月花+SALON(京都)

雪月花+SALON(京都)

京都のオーセンティックバー「雪月花+SALON」のBAR空間<花>の改装につき、新たな和紙光壁を設置させていただきました。
時間帯によって、刻々と照明効果が変化し、和紙の表情や空気感が移ろいます。
古来受け継がれる「透かし」の手法によって、自然観のある色調に染めた繊維が流し込まれ、樹木のような柄が浮かび上がります。

ウェブサイト:http://www.kyoto-setsugekka.com/floor/hana.html

ニュースリリース

長谷寺観音堂(鎌倉) 

長谷寺観音堂(鎌倉) 

「十一面観世音菩薩」造立1300年記念の空間改装において、1.5m×9.5m(壁面2箇所)と5.0m×7.5m(天井1箇所)に、ダイナミックに漉き上げた作品を設置させていただきました。作品タイトルは「天耳天心(てんにてんしん)」。天心(空の真ん中)において、天耳(世界全ての声や音を聞き取り、聞き分けることができる力)の慈悲に触れ、希望の光や知恵の波動が拡がる様子を表現しています。十一面観世音菩薩を挟む壁面には、苦しみの声を聴き、救いを与える波動、天面にはその波動や希望の光が拡がり、交差して空間に充ち満ちる様子をデザインしました。

ニュースリリース

テタンジェ コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン2008 (リミテッドエディション)

テタンジェ コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン2008 (リミテッドエディション)

日本限定のギフトボックスを2008セット限定販売。
伝統的な「白透かし」と「黒透かし」の技術を用いてロゴマークを漉き上げ、熨斗の形状でパッケージデザインを行いました。
和紙は4層で構成されており、ボトルの緑色を基調として、浄化作用があると言われる白い和紙を漉き重ねています。

MEDIA

WEBメディア「ONESTORY」記事掲載「食べるシャンパン」Restaurant MOTOÏ × 堀木エリ子

WEBメディア「ONESTORY」記事掲載「食べるシャンパン」Restaurant MOTOÏ × 堀木エリ子

和紙によるパッケージデザインを担当した「テタンジェ」のトップキュベ「コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン 2008」。
トップシェフ達の料理とのペアリングを堀木エリ子が体験し、シェフと語り合う「食べるシャンパン」の対談特集。
最終回は、京都の「Restaurant MOTOÏ」で前田元シェフの料理とのペアリングを体験しました。

「ONESTORY」ウェブサイト:http://www.onestory-media.jp/post/?id=3891
「テタンジェ」公式ウェブサイト:http://www.sapporobeer.jp/wine/taittinger/meets/no16.html

MEDIA

WEBメディア「ONESTORY」記事掲載 「食べるシャンパン」焼鳥 市松 × 堀木エリ子

WEBメディア「ONESTORY」記事掲載 「食べるシャンパン」焼鳥 市松 × 堀木エリ子

和紙によるパッケージデザインを担当した「テタンジェ」のトップキュベ「コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン 2008」。
トップシェフ達の料理とのペアリングを堀木エリ子が体験し、シェフと語り合う「食べるシャンパン」の対談特集。
第2回目は、大阪の焼き鳥店「焼鳥 市松」で竹田英人氏の料理とのペアリングを体験しました。

「ONESTORY」ウェブサイト:http://www.onestory-media.jp/post/?id=3890
「テタンジェ」公式ウェブサイト:http://www.sapporobeer.jp/wine/taittinger/meets/no15.html

MEDIA

WEBメディア「ONESTORY」記事掲載 「食べるシャンパン」ラ・メール × 堀木 エリ子

WEBメディア「ONESTORY」記事掲載 「食べるシャンパン」ラ・メール × 堀木 エリ子

和紙によるパッケージデザインを担当した「テタンジェ」のトップキュベ「コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン 2008」。
トップシェフ達の料理とのペアリングを堀木エリ子が体験し、シェフと語り合う「食べるシャンパン」の対談特集です。
第1回目は、『志摩観光ホテル』内にある「ラ・メール」で、樋口宏江シェフの料理とのペアリングを体験。
弊社は、2016年に開催された「伊勢志摩サミット」2階ホールの空間デザインを監修し、和紙光壁を設置させていただきました。

「ONESTORY」ウェブサイト:http://www.onestory-media.jp/post/?id=3826
「テタンジェ」公式ウェブサイト:http://www.sapporobeer.jp/wine/taittinger/meets/no14.html

ニュースリリース

アキュラホーム神戸展示場

アキュラホーム神戸展示場

アキュラホーム40周年記念事業として、モデルハウスの設計及び和紙作品の設置をしました。
「変容する家~移ろう空間」をコンセプトとし、多種多様な家族構成や生活スタイルに対応できるよう、“和紙”と“建具”を取り入れた住宅です。家族の暮らしの変化に対応し、未来へつなぐ家づくりを通じて、和紙による情緒溢れる温もりと豊かな暮らし方を提案しています。

兵庫県神戸市東灘区本庄町3-2-14(ABCハウジングコレクション神戸東内)
営業時間/10:00〜18:00(休業日:水曜日)
ウェブサイト:http://www.aqura.co.jp/exhibition/hyogo/kobe/