HORIKI ERIKO

PORTFOLIO

四季彩一力

四季彩一力福島県 1994

職人の手による工芸をふんだんに取り入れた老舗旅館。和紙は外壁から風除室、エントランス、エレベーターホールへと動線に添って使用されている。吹き抜けのエントランスには、直径3.6m~2.3m×H7m(9本)のモニュメントを設置。むくのケヤキ柱の先端にカエデ材で骨組みをし、和紙を貼って仕上げている。日中にはトップライトから差し込む自然光に和紙が透け、夜明けや夕暮れ時には和紙の美しい陰影が深くなる。