Eriko's Washi
日本古来の技法との融合
現代の手法による大型創作和紙
現代の手法による立体和紙
■技法
  ・合わせガラス加工
  ・アクリル・ガラス加工
  ・タピストリー加工
  ・コーティング加工
一点物のオーダーについて

技法 −合わせガラス加工−
合わせガラス加工はガラスの表面を無反射にして人や光源の写り込みがないように加工されるので、和紙の質感を損なわずに封入できる。
また退色が起こらず、割れても破片が飛び散らない安全性があるため、外壁への使用も可能となった。

現代の手法による立体和紙<BACK

このページのTOPへ

Copyright (C) ERIKO HORIKI & ASSOCIATES.
Powered by doors internet service & Art Direction KATSUMI TODA/doors corporation